まじめな副業2018(簡単で怪しくない副業多数!)

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

内職は稼げるのか?その実態とは(体験談多数)

内職は稼げるのか?その実態とは(体験談多数)

パソコンが普及するまでは、在宅ワークと言えば内職でした。 昔に比べて減っているとは言われていますが、現在でも大勢の人が内職をしています。

内職、といっても様々な仕事があるのですが、大まかに内職のメリットをまとめると以下のとおりです。
●自宅でできる
●仕事時間は自由
●ノルマはなくて、自分のできる量だけ仕事を引き受ける。
●スキルが必要ない仕事がほとんど

デメリットも幾つかありますが、致命的とも言えるのが単価の安さです。

  • どれぐらい稼げるのか?
  • 時給換算すると発展途上国の労働者並になることも少なくありません。

    中には割のいい仕事もあって、長く続けている人もいますが、あまりに稼げないからすぐにやめてしまう人も多いです。

    また、商品の納入を自分でやる必要があったり、家中が内職の部材でいっぱいになったりするデメリットもあります。

    正直、内職はあまりお勧めできませんし、パソコン系の在宅ワークの方をお勧めします。 パソコンを持ってないとか、使うのが嫌という人だけが検討する価値はあると思います。

  • どこで募集しているのか?
  • なお、10人以上の経験者に話を聞いたところ、知人の紹介というケースや求人のチラシで見つけたという人が多かったです。あとは、自分で仕事を取ってきた、という人もいます。 知人の紹介の場合、比較的条件の良い内職であることが多いようです。

    内職のリアルな実態をお伝えします。内職体験者にインタビューして、記事にまとめましたので御覧ください。

    ●どのような仕事なのか?
    ●どれぐらい稼げたか?時給にすると?
    ●楽しいこと、辛いことは?
    ●その仕事のコツは?
    ●他人におすすめできるか?

    などについて伺っています。

    内職体験談集
    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    majimenafukugyo.hatenablog.com

    スポンサーリンク

    内職体験のインタビューのまとめ

    20名以上の方に内職体験についてインタビューをしましたが、その体験談から内職のメリット・デメリットをまとめたいと思います。
    内職のメリット
    ●自宅でできる ●TVを見たり音楽を聞きながら作業ができる ●自分のペースで作業ができる ●作業スピードが上がれば、その分稼げる ●妊娠中・子育て中でもできる ●頭を使わない
    内職のデメリット
    ●低単価 ●材料がかさばる ●自分で納品する必要がある仕事もある ●手が痛い・目が疲れる・肩がこる ●作業が単調で面白くない

    内職にはメリットもデメリットも多いですが、内職に満足している人は概ね1/3ぐらいでした。他人に勧められるか、という観点でも、否定的な意見が多かったです。ただし、単純作業が苦にならない人にはおすすめできるという意見は少なくなかったです。

    どれぐらい稼げるか? ですが、時給換算で、数十円から千円程度と幅広いですが、300円前後が主流でした。 バイトするよりかなり低い賃金ですが、スキルが必要な内職だと時給換算で千円を超えることもあります。 月だと概ね2万円程度を稼いでいる人が多かったですが、内職は仕事量が安定しないので、収入も安定しないという意見もありました。

    やりがいは感じていない人が多かったですが、単純作業の中でも楽しみを見つけ出せる人の満足度は高いです。作業スピードがUPすれば、その分効率的に稼げるようになるので、そこに面白さを感じる人もいました。

    体験談:内職のコツは、難しいことは考えずに黙々と作業すること(30代/女性)

    結婚した当初(20代後半でした)、それまで正社員で働いていた仕事を辞め、パートで仕事をするようになりました。子どももまだいなかったので時間に余裕もあり、パートの他にできる仕事を探していました。

    たまたま見かけた新聞の折り込み広告の求人情報欄に内職の募集があり、当時住んでいた家の部屋数も多く作業する場所も十分確保できましたし、体験したことのないことだったので内職をしようと思いました。一応夫に相談すると、両親(私にとっては義理の両親)の目を多少気にしていた様子(生活が苦しいのではないかと思われると考えたようです)だったので、両親には内職をすることを言わないという約束ではじめました。

    仕事内容は、子ども用教材のダイレクトメールの封筒入れや、化粧品のサンプルを専用台紙に取り付ける、子ども用教材の理科実験セットの簡単な組み立てなど、その時々によって様々でした。作業が終わり次第、内職を斡旋してくれる会社に連絡をして品物を取りに来てもらい、引き換えに新しい仕事を受け取るというシステムでした。

    賃金は、封筒入れは1通1円、化粧用サンプルは1個5円、理科実験セットは1セット3円でした。平均で月1万円前後の収入になりました。時給換算は仕事内容によって大きく違いますが、平均すると時給400円くらいだと思います。

    面白さは、余計なことを考えずに無心になって仕事ができる内容のものが多かったことと、できた品物を50や100単位で束ねていくのですがその束を見ると「これで〇〇円か」とわかりやすくお金に換算できたことが、楽しかったです。

    それと、想像していた以上にかさばる物が多く、作業をすると部屋中が紙やら輪ゴムやら小物でいっぱいに散らばったり、段ボールが山積みになるので、作業する専用の部屋があって良かったと思いました。

    つらかったことは、しいて言えば内容によっては多少肩が凝ることと手元をずっと見ているので目が痛くなることです。

    仕事のコツは、難しいことは考えずに黙々と作業することだと思います。作業の内容にもよると思いますが、好きな音楽を聴いたりテレビをつけながら、手だけ動かすと、あっという間に作業が進むことが多くありました。それと、同じ姿勢を続けると肩が凝るので意識して時々体を動かすしたり、目が痛くならないように遠くを見たりするのもいいと思います。

    他人にもおすすめできるかどうかですが、黙々と作業をするのが好きな方や時間に余裕がある方、肩こりのない方、作業する場所を十分に確保できる方にはいいと思います。それほど稼げるわけではないので稼ぎたい方には他の仕事をおすすめします。

    スポンサーリンク