まじめな副業2019(簡単で怪しくない副業多数

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

拾った雑誌を売って稼ぐ方法

f:id:sakeganomitai:20190111160810j:plain

拾った雑誌を売って稼ぐことは可能か?

駅のゴミ箱などに週刊誌が捨てられているのを見て、まだ読めるのにもったいないなあと思った人は多いと思います。 私は高校生の頃、週刊少年ジャンプを駅のゴミ箱から毎週拾ってました笑。 結局、親にバレてしまって途中で止めましたが、自分のやったことは間違っていたとは思いません(常識外れで見苦しいとは思いますが)。

さて、今でも月曜日になるとかなりのジャンプがゴミ箱に捨てられていますが、これを売ればかなりの金になるんじゃない?と思っているのは私だけでないはず。

ということで、拾った雑誌を売ることで稼ぐことが可能なのか、調べてみました。 また、JRに電話してゴミ箱から雑誌を漁る件についても問い合わせてみました。

どこでどうやって拾うか?

まず、どこで拾うか?が問題です。 なお、法的にはグレーですが、少なくとも雑誌を拾って逮捕されたという人は聞いたことがありません。

駅のゴミ箱

f:id:sakeganomitai:20190111161207j:plain

昔と違い、テロ対策のせいかゴミ箱が透明になって中が見えるようになったゴミ箱が増えたのは嬉しい限り(?)。 また、昔と違い雑誌は雑誌専用のゴミ箱になっているので綺麗なまま拾えるのもいいですね。 しかし、新型のゴミ箱は入り口が狭く、手がなかなか入れられません。 ゴミ箱の形状は鉄道事業者や駅によって違うと思いますが、雑誌が拾えない駅は少なくないはずです。

しかし、法的な問題やマナーの問題は置いておいて、駅員さんから注意はされないのでしょうか?鉄道会社として雑誌を漁る人をどう考えているのか? JR西日本のお客様センターに電話して聞いてみました。

私「あのー、変な質問なんですけど(照れ)、駅構内の雑誌のゴミ箱ってあるじゃないですか?そこから雑誌を拾う行為は駅員さんから注意されたりってことはあるんでしょうか?」

JRの人:「えーっと、少々お待ち下さい」

そりゃ、そんな変な質問すぐには答えられんわな…。

1分後

JRの人:「お待たせしました。当社としてはそうした行為に特に駅員がお声がけするようなことはありません」

私「じゃあ、マナーの問題とかは置いておいて、別に雑誌を拾っても文句は言われないんですね」

JRの人:「他のお客様の迷惑になるとかでなければ、そうですね。社会通念上の問題かと…」

私「わかりました!疑問が解決しました!ありがとうございまいした!」

ということで、ゴミ箱を漁るときは他のお客さんの迷惑にならないようにやりましょう。

まあ、本音はあまりゴミ箱を漁ってほしくはないとは思っているでしょうが、雑誌を漁るような奴はろくな人間じゃないですし、下手に注意して逆にトラブルになってもマズいですからね。許可ではなく無視ということでしょう。

コンビニのゴミ箱

コンビニのゴミ箱も入り口が狭く、取りにくいです。 ただ、恥も外聞もなく挑戦すれば取れなくもないはずです。

古紙回収の日

大体どこの地域でも月に1回か2回は古紙回収の日があります。 当然雑誌も大量に出されているので簡単にゲットできます。 ただ、最新刊が入手できる可能性は低くなります。

清掃の仕事をする

オフィスビルや店舗の清掃をしていると、ゴミ箱も漁れます。 ただし、見つかれば信用は下がります。 そもそも、普通に清掃の仕事を一日やれば数千円にはなるので雑誌販売する必要はないと思います。

どこで売るか?

拾うことより、売ることの方が難しいかもしれません。

駅前などで自分で売る

希に、駅前などでシートを広げで古雑誌を売っているおじさんを見かけます。 ジャンプなら大体1冊100円で売ってますね。 元手が0円なので良い商売に思えます。 ただ、法的にはアウトの可能性が高いです。 古本を売るには古物営業許可が必要ですが、路上販売している小汚いおっちゃんが、まさかそんな許可を取っているとは思えません。 そして、路上で許可なく物を売るのも道路交通法違反になります(3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金)。 駅構内なら、駅員から立ち退きを求められるはずです。

さらに、法的な問題を置いといたとしても、別の問題もあります。 路上で古雑誌を売っているおじさんですが、組織でやっている可能性があります。 どこからか雑誌を拾ってくる人、販売する人がいれば、その元締めも存在します。 そんな違法なことをやらせている元締めって、当然あっち側の人ですよね。 何も知らず、路上で雑誌販売すると思わぬ因縁をつけられかねません。。

古本屋で売る

f:id:sakeganomitai:20190111161330j:plain

まず、ジャンプなどの週刊誌はブックオフなどのチェーン系の店では買い取ってくれないことがほとんどです。 しかし、発売日であれば、個人経営の古本屋で買い取ってくれるところもあります。 ただ、個人経営の古本屋はどんどん少なくなっていますし、探すのは難しいかもしれません。

ところで、雑誌がかなり古いのもので美品であれば話は別です。 「まんだらけ」などのマニア系古本屋で思わぬ高値で売れることがあります(有名漫画の第一話が掲載された号とか)。

なお、古本屋ではなくヤフオクなどで直接売る方法もあります。 どんな雑誌がどれぐらいの価格で売っているのか、相場が分かるので一度調べてみましょう。

友人知人に売る

それが出来たら苦労しねーよ、と言いたいですが、現状これが一番安全な方法です。個人売買なので合法です。

古紙回収業者に売る

売れない雑誌は本としてではなく紙として買い取ってもらいましょう。 調べてみたところ、雑誌の買い取りは1kgで3円ほどでした。 週刊少年ジャンプだと1冊約700gなので1冊2円あまり。まあ、元手が無料ですし、お金になるだけましでしょう。 ところで、アルミ缶も1個2円ぐらいで金属回収業者で買い取ってもらえるので、どうせやるなら空き缶拾いの方がラクだと思います。 majimenafukugyo.hatenablog.com

<まとめ>

雑誌は拾うのも売るのも、簡単ではありませんね。法的にもグレーですし。 また、首尾良く拾ったり売ったりできたとしても、それほど稼げる商売とは言えません。普通にバイトした方が稼げるはずです。 空き缶拾いと同じく、何らかの事情でまともな仕事ができない、やりたくない、という人以外は割に合わないと思います。

本サイトアクセス数No.1記事

majimenafukugyo.hatenablog.com

?