まじめな副業2019(簡単で怪しくない副業多数

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

採点・答案添削者 稼げるか稼げないかはその人次第

f:id:sakeganomitai:20180915134825j:plain

概要

採点・答案添削は模試答案のマル付けや、通信教材の添削指導をする仕事です。
職場に出向いてする仕事もありますが、在宅勤務の仕事もあります。

どこで仕事を見つけるのか?

採点業務は求人サイトで時折見つかります。しかし期間限定の仕事が多く、いつも仕事ができるとは限りません。 添削指導は直接業者へ申し込みます。

赤ペン先生
www.akapen.jp

Z会
募集要項 | Z会 | 日々の学習から受験・資格まで、本物の学力を養成する教育サービスを提供。

進研ゼミ小学講座の赤ペン先生の場合、筆記試験、面接があり、合格すれば研修があります。
Z会の添削者の場合、書類選考の後、試験が2回あります。合格すれば研修があります。
赤ペン先生もZ会も大卒以上が応募条件になります。
どちらも募集は不定期であり、いつでも応募できるわけではありません。

このように添削指導者になるにはいくつものハードルを超えなくてはならず、簡単になれるものではありません。

どれぐらい稼げるのか?

採点の場合、通勤の仕事なら時給900円から千円程度です。
在宅の場合は1枚ごとの成果報酬制になります。

添削の場合も1枚ごとの成果報酬制になります。
しかし、赤ペン先生もZ会も単価を公表していません。

とはいえ、ネットの掲示板などの情報からすれば時給換算にすると数百円程度らしいです。
筆記試験や研修などが必須の、ハードルの高い仕事からすると意外に感じます。

難易度は?

相応の学力が必要です。学年が上がると単価も上がりますが、難易度も上がります。

総合評価(添削者)

f:id:sakeganomitai:20180915134406j:plain

おすすめポイント:

成果報酬制の仕事なので早くやれるようになれば時給千円を超えることも可能かもしれません。

体験談:子供の成長を感じ取れてやりがいがあります(40代/女性)

子供向けの通信教材の添削問題を在宅採点のアルバイト募集の掲載をネットで見つけたので、さっそく応募してみました。 筆記試験を受け、その結果次第で採用になった後は研修があるので、試験を受ける前に簡単な問題集を1冊購入して解いておきました。

試験を受け、採用になったのできちんと丸つけの仕方やパソコンでの入力、データのスキャン方法、個人情報の扱いなど詳しいレクチャーがあり、また添削問題の採点についても厳しい基準があるため、その練習についても色々と基準がありました。

実際、添削問題の採点が始まると、中学生の場合一人10人分ほど担当することになり、期限も決まっているのでデータを読み取ってパソコンで作業する感じになります。
採点後は会社の方でチェックも入り、きちんとした指導も入るのでなかなか充実した内容になります。

自宅でしっかり稼ぐことができ、副業として自宅で出来る仕事なのでかなり気に入ってます。昼間は集3回ほどパートで出ているので、自宅では添削問題の採点を行うことにして、色々とやりくりするようになりました。子供が帰ってくる時間帯に自宅にいますし、採点をするようになってから副業で家計の足しになるので、なかなか気に入ってます。

パート収入を増やすのは厳しい状況だったので、副業することで少しでも楽になりますし、添削問題の採点は自分自身も勉強することになるため、かなり充実した副業として実感するようになりました。今までとは違った副業ですし、自宅にいながら時間を有効的に活用できるのは嬉しいです。

添削問題の採点をするようになってから教材の中身もチェックするようになり、子供も受講するようになったので問題の中身をチェックできるのはかなり利点になります。
また、添削問題を担当することになったら、一人につき1年間担当することになるため、かなりお子さんとのやりとりが楽しく感じるようになります。きちんと添削問題を提出して1年間を通して成長していく様子が伝わってきますし、こうした子供の成長を感じることは今後においてもプラスになるので、なかなか気に入っています。

自分自身においても、添削問題の副業をするようになり、字を書くのが丁寧になりましたし、誤字がないよう気をつけて丸つけするようになるなど色々と勉強するようになったので、かなり成長することができました。家事の合間に副業をすることができるので、時間を有効的に使えるようになりました。

本サイトアクセス数No.1記事

majimenafukugyo.hatenablog.com

?