まじめな副業2018

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

月収1~2~3~5~10~100万円のオススメ副業

収入は苦労に比例する

f:id:sakeganomitai:20171208122349j:plain

目標月収別でオススメの副業を分類してみました。

求める金額によって、向いている仕事が明らかに違ってくるので、まずは月にどれぐらい稼ぎたいのかハッキリ決めておくことが大事です。

もちろん、多ければ多いほどいいに決まってますが、月5万円以上ならかなり本気でやらないと駄目ですし、10万円以上だとよほどハードに働くか、あるいはスキルの高い仕事をしないと到達できません。

ちょっと働いて月1万円か、ハードに働いて10万円か、どちらを目指すのか?

ちょっと働いて10万円は詐欺の世界ですよ。

majimenafukugyo.hatenablog.com

majimenafukugyo.hatenablog.com

majimenafukugyo.hatenablog.com

majimenafukugyo.hatenablog.com

majimenafukugyo.hatenablog.com

majimenafukugyo.hatenablog.com

majimenafukugyo.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

まず、1万円を稼ぐことも実のところ難しく楽ではありません。しかし、新しいチャレンジを楽しめるのなら先行きは明るいです。1万円から2万円、3万円とステップアップしていきましょう。


基本的に収入を増やそうと思ったらそれに比例して苦労が必要です。特に5万円以上となると、本業と変わらないぐらい力を入れないと難しいかもしれません。
ここで安易な道を探すと、「副業詐欺」に引っかかります。


また、目標が月3万円以下であれば、FXと株式投資もオススメしません。これらは多少リスクを冒しても、大金を狙うための副業です。目標が少額ならばコツコツ稼いだほうが確実です。

月収10万円以上になると、副業というより本業に近くなります。もしも会社員が副業でコンビニバイトをしたとしたら月10万円ぐらいが限界です。それ以上稼ごうとなると専門性が求められるでしょう。時間をかけてスキルアップしていくしかありません。

しかし、10万円を突破すると、20万円、30万円は成功パターンを繰り返せば良いので、それまでほど苦労しないはずです。30万円まで行けば、それを本業にして会社を辞めることだってできます。

100万円まで行けば大したものです。それぐらいの月収だと税金対策上、株式会社にしたほうが良いので、そうなればあなたは会社社長です。副業を極めればそこまで到達できる可能性もあるので、それをモチベーションにして頑張るのもよいでしょう。