まじめな副業2019(簡単で怪しくない副業多数

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

運転代行 夜だけ働いて月数万円可能

f:id:sakeganomitai:20180830155552j:plain

概要

近年、飲酒運転の取り締まりが厳しくなったことから運転代行業の需要が伸びています。

本業でこの仕事をしている人もいますが、運転代行の仕事は夜に集中するため、会社員の副業としても運転代行の仕事は人気を集めています。

具体的な仕事内容は?

電話で依頼を受けたら、2人1組で指定された場所に向かって、ひとりが依頼者の車、もうひとりが元々乗ってきた車を運転します。 依頼を受けるまでは事務所などで待機します。

基本、運転するだけなので人間関係の煩わしさがないことはメリットの一つと言えるでしょう。

どれぐらい稼げるのか?

時給は1000円から1500円程度です。2種免許があれば高くなります。
出来高制の仕事の場合は売り上げの4割ほどが自分の取り分となるケースが多いようです。

1回の勤務は3時間かそれ以上です。仕事があれば早朝まで続けることもできます。
副業でも月数万円稼ぐことは難しくありませんし、週5ぐらい出勤すれば10万円を超えることも可能です。

なお、チップをもらえることもあり、想像以上に稼げる日もあります。

どこで仕事を見つけるのか?

無料の求人誌やネット求人サイトで募集は見つかります。
運転代行の業者にアルバイトとして登録して仕事を受けます。

都市部では求人は多いですが、地方だとやや見つけるのに苦労するかもしれません。

60歳以上の人や女性でも活躍する人は多く、間口の広い仕事です。

難易度は?

普段車の運転に不自由しない人なら難易度は高くありません。タクシー運転手と違い2種免許は必要ないのでなるのも簡単です。
しかし、悪天候の時でも仕事で運転しなくてはならない大変さはあります。
また、酔客に絡まれたり、女性ならセクハラまがいのことを言われることもあるので、上手く対応できるコミュニケーション能力もあった方がいいでしょう。

総合評価

f:id:sakeganomitai:20180914163118j:plain

おすすめポイント:

短時間で効率よく稼げるので、運転に自信のある人は是非。

?

運転代行の仕事の体験談

実際に運転代行の仕事をしている人に話をうかがいました。

夜間暇なら運転代行で働くのもいいかも(30代/男性)

普段は知り合いのお店でアルバイトをさせてもらっているのですが、少し収入的に苦しかったので、コンビニなどに置いてある無料の求人雑誌を手に取りました。そこに掲載されていた運転代行のドライバー募集の求人広告に惹かれた形で応募しました。

もともと車の運転は好きな方なので、楽しく仕事ができそうだったこと、二種免許は必要なかったこと、セカンドワーク歓迎との文言があったことなどが具体的な理由です。
昼間のアルバイトは週5日で約8時間勤務となりますが、運転代行の出勤は週3日、3時間以上勤務できればOKとのことなので、空いた時間を無理なく活用できています。

仕事内容はその名の通り運転の代行、2人1組がセットとなり依頼を受けて指定された場所に向かって、ひとりがお客様の車、もうひとりが随伴車を運転することになります。
依頼を受けるまでは事務所の待機場所や飲み屋街の近く、または知り合いのお店の駐車場などで待機しておきます。迅速な対応が顧客獲得には必要不可欠なので、後者で待機することがほとんどです。

仕事は主に夜間から深夜になるので、待機中などタイミングが悪ければパトロール中のパトカーの職質を受けることもあります。またお客様はお酒を飲んでいることがほとんどなので、たまに中々コミュニケーションが取りづらくなることも起こってしまいます。

でもタクシーと同じように、チップをはずんでくれる方もいて思わぬ副収入が得られることも、頑張っててよかったと思える瞬間でしょうか。

また運転を代行する業務ですから悪条件での依頼も少なくありません。例えば大雨の時や雪が降った時、大雪時に山道を走ったのは今でも思い出深い大変だった体験です。

収入の方は、時給が1000円で週15時間から20時間ほどの勤務で月収約60000円から80000円弱ってところでしょうか。まあそれなりに貰えている方だとは思いますが、都市部の業者だともう少し時給が高いらしく心揺れ動いています。

仕事のコツは交通ルールを厳守することと安全運転を意識すること、そして丁寧な接客です。最近では女性や中高年のドライバーも活躍中なので幅広い方が働ける職場となっています。

本業だとあまり稼げません(30代/女性)

運転代行の仕事をしようと思ったのは前から運転が好きだったので、運転が出来る仕事にしようと思ったのがきっかけです。 そして、求人をみたら運転代行の仕事があったのでこれにしようと決めました。

そして、私は本業でこの仕事をしていましが、やろうと思えば副業でも仕事ができると思いますし、実際に副業でやっていた人がいました。 そういう人は正社員ではなくてアルバイトという形で仕事をしていました。例えば平日は正社員で仕事をして土日に代行の仕事をするという形でした。

仕事内容は電話で依頼を受けたら2人1組で現地へ向かいます。一人はお客様の車でお客様を送り、一人はもう一台の車であとをつけます。どちらになるかはその時にならなければ分かりません。そして、無事に現地についたら料金を受け取り、営業所へ戻ります。

どらくらい稼げるかというと私の場合は150,000円程度でしたね。運低代行だけでは良いお給料がもらえないので、やめてしまったり、副業としてやっている人が多かったです。

この仕事のメリットはいろいろなお客さんを乗せることができるため、勉強になることもあります。お客さんにいろいろな話をしてもらえることもあるので、とても楽しかったです。

反対にデメリットは中には面倒なお客さんもいて酔っ払っているので絡まれる事もありました。特に私は女性なのでセクハラまがいのことを言われた事もありました。

仕事のコツは第二種免許があるとお給料が上がる事があります。そのため、運転代行を本格的にする人は二種免許がある人が多かったように思います。

私の場合は本業でやっていたので、必死に頑張って働きました。そして、この仕事は登録だけでもできるので登録だけして仕事ができるときだけ働くという方法をしている人もいます。副業でも可能な仕事なので、もし、今のお給料では足りない人は副業としてはじめることをおすすめします。

人間関係は楽です(30代/女性)

私が運転代行の仕事をするに至った経緯は独身時代に友達に初回されたからです。人手が足りず、今すぐ仕事をしてほしいだけどと言われ、かなり高い時給のアルバイトということで紹介されました。
その時はちょうど仕事を辞めてしまっていて、無職の期間でした。このため、友達の誘いに乗って始めることにしました。

その時はアルバイトという形で本業でした。しかし、昼間のアルバイトももちろんしていましたので、掛け持ちという形です。 しかし、こちらのアルバイトは副業でもできそうだと感じました。その理由ですが、運転代行の仕事は夜の仕事が多いので、昼間の時間帯は募集をしていることが少ないからです。
このため、昼はやっていない運転代行なら、その時間帯に本業の仕事をすることができると思います。

仕事内容ですが、予約があれば、その時間にその住所の指定された場所に行き、目的地まで送り届けます。
スタッフは2名でその現場まで行きます。運転をするのですが、安全運転を心がけますし、事前に予約が入っている場合には、ルートなども確認しておきます。そして支払いなど生産を行います。今はiPadなどがあり、ルートを調べるのも精算もとても早く簡単です。

私は不定期でアルバイトに入っていましたが、時給は1300円以上という時給だったので、夜だけの仕事でも、月に2~3万円を稼ぐことが出来ました。かなり割の良いお仕事だったかなと感じています。

この仕事のメリットは、運転をするだけですので、あまりコミュニケーションがいらないことです。基本的には一人で仕事をすることが好きな人なら、人間関係は楽な方だと思います。
また、夜の仕事なので、時給が割と高いです。

デメリットは、夜だけの事が多いので、これだけだとたくさん稼げないことも多いです。あとは、運転をすることはやはり危険を伴います。急ぎの場合には焦りますし、夜道の運転は少々リスクがあります。

運転代行は体力が必要ないのでおすすめ(30代/女性)

私はタクシーの運行に関する業務を経験していて、他の業種に転職した後にこれまで培ったタクシーの運行の経験を生かして、運転代行の副業を経験しました。2種免許を所持していて、自動車の運転には自信があったので、安全にお客様を目的地に運送したいという思いもあったので、自動車の運転の代行業務に従事していました。
私が雇用契約を結んでいた代行業務の会社は、基本的には時給制を採用していなくて、従事した日の売上高から数割程度を差し引いて報酬を貰っていました。1日当たりの報酬額は平均で4千円前後で、週末を中心に月に平均で15日程度は稼動していましたので、月に6万円程度の副収入を得ていました。稼働日数や売上高によっては、月額で換算すると6万円を越える月も多かったです。

運転代行の業務のメリットは、座りながら目的地に運転するだけの作業である事で、全く立ち作業がない事で体の負担が無い事です。後部座席などにお客様の荷物を持ち込む作業もありますが、物を運搬する機会が少ない事で体力は殆ど使わないです。デメリットは夜間に運送している場合に眠気に襲われたり、お客様を出来るだけ目的地に着いて貰う事を意識して交通渋滞を避ける運転テクニックで運行しなければならない事です。

副業の面白さは運転をしている時に乗っているお客様と世間話などをして楽しんだり、周りの風景や建物に囲まれながら優雅な思いで仕事ができる事です。夜間に代行を依頼しますので、お酒に酔っているお客様の対応や要求などの対応が辛かったです。安全に運行する事が原則ですが、お客様の要望に出来るだけ答えるように必死になって会話をしながら、周りの車の流れを把握しながら運転する事も辛かったです。

運転代行の業務を見つける場合、求人誌よりも求人サイトや知り合いの紹介を得て見つける事をお勧めします。基本的に自動車の2種免許を所持しておいた方が良いが、2人1組で仕事を行いますので、1人は会社の車に乗って業務に従事する事で1種のマニュアルの自動車免許を持っておけば誰でも代行の仕事に従事できます。運転の操作の正確性は重要ですが、担当する区域の地理に関しても覚えておくと業務が捗りやすいです。

出来るだけお客様を目的地に輸送する運転の技術が必要で、交通事故を起こさないように安全運転に対する気配りを持っておく事です。勤務時間は基本的に20時以降の夜間の時間に設定されていますので、本業をしている人にとっては眠気の対策をしておく為に自己管理の面に関しての気配りも大事です。

?