まじめな副業2019(簡単で怪しくない副業多数

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

引っ越しアシスタント 体力に自信がなければ梱包作業員もあり

 

f:id:sakeganomitai:20180817150901j:plain

概要

引っ越しアシスタントは都合の良い日だけシフトに入れて、日給も1万円以上になることから、学生のみならず社会人からも人気の高い仕事です。
やる気のある人は週5ぐらいで仕事をしてがっつり稼ぐことも出来ますが、最低週1回出ることが条件となっている募集がほとんどなので、社会人なら土日だけシフトに入るということも可能です。
重い荷物を持つことが多く、体力は必須ですが、男性専門の仕事ではありません。
実際の現場では女性も冷蔵庫などを運んでいることも多く、力があれば女性でも出来る仕事です。
さらに、重労働なしの梱包作業員も募集されており、女性も多数活躍しています。

どこで仕事を見つけるのか?

バイトルなどの求人サイトで常時募集は見つかります。
求人数は非常に多いです。
人手不足で採用のハードルは低く、応募すれば、即面接、即採用というところもあります。

どれぐらい稼げるのか?

1日1万円以上は期待できます。たまにお客さんからご祝儀がもらえるのも嬉しいところです。
1日はしんどいから半日だけ働くこともできますが、当然収入は減ります。
副業ならば週1回働くだけで5万円ぐらいは稼げそうです。

難易度は?

体力的に負担が大きく、筋肉痛のみならず足腰を痛める可能性があります。
また、現場ではきついことを言われたり、怒鳴られたりすることもあるので、強いメンタルも必要です。
一方、バイトであればお客さんと直接やりとりすることも少なく、現場リーダーの指示に従って動くだけでよいので、コミュニケーション能力はそれほど必要ありません。

総合評価

f:id:sakeganomitai:20180914201503j:plain

おすすめポイント:

比較的稼げる副業ですし、しかも筋肉も付くので一石二鳥です。

体験談:引越しの副業で月10万円、女性も可能だと思います(30代/男性)

引越し作業の副業に従事した理由として私は体力に自信を持っていて、本業が休みである土曜日や日曜日に単発として都合の良い日に仕事に従事できるからです。

私の仕事はデスクワークが中心で、本業が終わっても運動をする機会が無くて、肥満になっていた事に悩んで体力を鍛える為にも引越し作業を行った事も行うきっかけになりました。

大手の引越し会社で単発で8時間の作業を行うと、1日で1万円の報酬が貰えました。

私は多くて月に8日程度も引越し作業に従事した経験があって、平均で月に8万円の報酬を得ていました。依頼されるお客様の中には、頑張っている事を認めてチップをくれた方々も多かったので、春期などの時期に関する繁忙の度合いと重なって月収が10万円近くになる月もありました。

 引越しの副業のメリットは、作業員はお客様と接客をしないで物を運搬するだけの作業を行えば良いので、難しい仕事をしなくて良い事です。体力があって段取り良く業務が捗れば周りのスタッフと楽しい会話をしながら労働を行える事が特徴で、残業の長さによって大きく稼げる事が魅力です。

 デメリットとしては、数十キロの重さがある家具を多く運ぶ事で、運動をしていない人や体力がない人にとっては重労働である事が特徴です。私は日頃から運動をしていなかったので、初めて引越し作業を行った時には作業が終了した後に腰を痛めた経験があります。仕事の段取りが悪くて責任者に叱られた事も辛かったが、仕事に慣れてくると次第に筋肉痛になる機会が減ってきて、汗水を流して仕事をしている実感が湧きます。

 引越しの作業は補助をする人の場合は、基本的にドライバーの補助として荷物の運搬の手伝いを行います。重たい荷物を抱える場合、腰を痛めないように腰を落としながら荷物の対角線上に手に持つ癖を身に付ける事です。どんなきつい仕事でも耐えられるように筋トレをしたり、ジョギングなどをしておくなどの対策で体力を鍛えておいて、何度か引越しの経験をすると長時間の重労働に耐えられやすいです。

 求人は雑誌や求人サイトで見つかりやすいですが、本業をしている人の場合は単発で仕事を請け負える会社を選ぶ事が原則です。

 引越しの作業は短期間に集中的に稼ぎたい人や体力に自信がある人を対象にお勧めですが、最近は女性を対象とした荷物を梱包するなどの補助的な作業が多いです。男性の場合は体力に自信がある人ほど有利ですが、女性の場合は体力の有無に関係なく引越し会社の副業はお勧めです。

体験談:引っ越しバイトはご祝儀が嬉しいです(30代/男性)

私が行った副業は、引っ越し業務です。学生時代から引っ越しのアルバイトをやっていましたので、昔取った杵柄のような感じですんなりと入っていくことが出来ました。
まず副業に至った経緯ですが、ずばり収入の減少が最も大きな理由です。賞与が思っていた以上に減ってしまったため、年収もそれに応じて減ってしまったためです。一応賞与も事前に想定して生活設計をしていましたので、減少してしまうと痛いんですよね。

引っ越し業務で得られる報酬は、日当で7千円プラス残業代です。概ね19時くらいまでは従事していましたので、一万円を超えることは普通でしたね。ただし、定時で終われば7千円だけです。引っ越しでその給与とは、と思われるかもしれませんね。

しかし、それには大きな理由があるのです。それは後述するとして、もう一つ、引っ越し業務ならではの収入があります。それはご祝儀です。まぁ全てのお宅で頂けるわけではありませんが、何軒かに一軒はご祝儀を出してくれます。大抵は千円くらいなのですが、明らかにセレブな家になりますと一万円になることも・・・・・・。ただし、それを期待しながら働いていたらダメですけどね。ご祝儀の無いお客さんの方が圧倒的に多いわけですから。

この仕事のやりがいは、後腐れ無く一日でサクッと終われることですね。夕方までダラダラと働いていると、お客さんの迷惑になります。そこで迅速に荷物を出し、迅速に荷物を運び入れなければならないのです。そのため、ダラダラと仕事をせずにてきぱきと仕事をすることが出来て気分が良いんですよ。身体も動かせて一石二鳥ですが、不慣れな方は無理をしてしまうと腰を痛めてしまいますので注意が必要ですけどね。

本業との兼ね合いにつきましては、土日休みの方であれば全く問題は無いでしょう。基本的に引っ越しは土日が主になりますので、空いた日にちで副業をすることが出来ます。それに単発でもOKですから、その点においても気軽に出来る副業と言えるでしょう。
職場にはばれないようにしていますし、会社の人間には口外はしておりません。もっとも友人には副業をしていることを公表していますし、場合によっては一緒に引っ越しのアルバイトに励んだりもしていますね。

なお、黙って副業をする際にネックになるのが税金ですよね。どんなに黙っていたとしても、年末調整の際に税金があまりにも多かったりしますとバレる可能性が生まれてしまいます。私もその点に関しては懸念をしており、ある方法で給与を頂ける所でのみ副業アルバイトをするようにしているんですよね。

その方法とは、手渡しです。実は大手の引っ越し業者の中には、仕事が終わったら印鑑を持って押印するだけで、すぐに手渡しでくれるところがあります。実は私がアルバイトをしているところもそのようにしており、これであれば税金絡みで会社にバレることはまずありません。

ですので、7千円という一般的には安いのではないかと思われるような給与でも我慢して働けるわけです。もっとも、前述の通り定時で終わらなければそれなりに金額も増えます。ですので、その点に関してはあまり気にしていませんね。
これからの時代、収入源が一つだけでは心許なくなるでしょう。ですので、思い切って副業をするというのは大切なことであると思いますよ。是非頑張ってみてください。