まじめな副業2018(簡単で怪しくない副業多数!)

「楽して大儲け」のような副業はありません。苦しくも楽しい副業の世界をやや辛口で紹介します。サラリーマン・主婦・在宅のおすすめ副業(副職・サイドビジネス)もまとめています。金額別(1万円~100万円)にも副業を分類しているので、自分がどれだけ稼ぎたいかでも仕事を探すことができるでしょう。

徳島県の副業状況

【副業参考:徳島県の市町村一覧】 徳島市 鳴門市 小松島市 吉野川市 阿波市 板野郡 松茂町 北島町 藍住町 板野町 上板町 名東郡 佐那河内村 名西郡 石井町 神山町 勝浦郡 勝浦町 上勝町

ランサーズなどのクラウドワーキングや、FXなどのネット系の副業であれば、全国どこでも条件の差がないので、本県特有の事情というのは存在しません。 なので、ここではネット系以外のバイト系副業について述べていきます。

最低賃金は全国最下位レベル

本県の平成29年度最低時給は740円と全国32位と、全国でも下位に位置します。(最高は東京都の958円、最低は沖縄県などの737円)。

とはいえ、近年の最低賃金の上昇はめざましく、平成19年の本県の最低賃金は625円だったので、10年で115円も上昇していることになります。 最近では毎年25円ほど上昇しているので、3年後には800円を超えていると思われます。

求人探しですが、従来はアルバイト求人誌や新聞広告などがメインの方法でしたが、最近ではPCやスマホで見られる求人サイトが人気です。 職種、時給、勤務先などの条件を入力すれ簡単に希望の求人が見つかります。

求人サイトにも色々種類があるのですが、アルバイト求人に強くて知名度の高いサイトを紹介します。

バイトル

(URL:http://www.baitoru.com/chushikoku/jlist/tokushima/) バイトルは個人的には一番使いやすいサイトだと思います。

単に求人情報が掲載されているだけでなく、「職場の様子(静かor賑やか)」「男女の割合」「多い年齢層」「仕事の仕方(一人でor大勢で)、などがパラメーターで示されています。 さらに、「応募バロメーター」もあって、その求人の人気度もわかります。 求人ページ下部には本県のアルバイト状況の概況もまとめられているので参考になると思います。

なお、バイトルで県全体の求人を調べてみると554件がヒットして、平均時給は993円と出ました(平成29年9月某日)。 平均時給はかなり高くなっていますが、これは時給の高い工場系の仕事が単価を引き上げていると考えられます。

フロム・エーナビ

(URL:https://www.froma.com/tokushima/) バイト情報誌として長い歴史を持つフロム・エーのWEBサイトがフロム・エーナビです。 求人検索だけでなく、地域のバイトの状況なども掲載されている情報サイトです。

フロム・エーナビで検索した本県の求人件数は地区ごとに以下の通りです(平成29年9月某日)

徳島市/鳴門市/阿波市/三好市周辺:438件 阿南市周辺:88件

徳島県は全国的に見ると、求人の少ない地域に相当します。 徳島市など人口の多い地域以外では、工場系の求人以外はかなり少なくなります。

なお、フロム・エーナビによれば本県で人気No.1は飲食店のホール・キッチンスタッフだそうです。

an

(URL:https://weban.jp/chugoku-shikoku/pft_tokushima/) フロム・エーと同じぐらい知名度の高い「an」ですが、フロム・エーと同様にWEBサイト版もあります。 本県の求人件数は518件でした。なお、平成23年にチェックしたときには88件だったので激増しているといっていい状況です。

以前に比べて求人自体が増えた、ということも考えられますが、近年の深刻な人手不足から、なかなか求人が埋まらず、求人が積み重なっていることが主な原因と考えられます。 理由はともあれ、労働者が有利な状況であることは間違いありません。

タウンワーク

(URL:https://townwork.net/tokushima/) タウンワークは駅構内などで無料で置いてある求人誌ですが、WEBサイト版もあります。最近ではテレビCMもあって、知名度はフロム・エーやanを超える勢いです。

タウンワークで本県の求人を検索すると1,721件ヒットしました。 職種ごとでは

販売:469件 飲食/フード:408件 接客サービス:192件

がトップ3となっています。 その他でも軽作業などが多くなっています。 徳島市など市街地のある街では求人は豊富ですが、それ以外の地域ではかなり限られてきます。 なお、四国の他県の状況も似たような状況です。

<徳島県の副業のまとめ>

本県の最低賃金は全国で最下位レベルであるものの、年々額は上がっています。 求人数は多くはないものの、近年急増しており、副業をする状況は年々良くなっています。

とはいえ、求める求人がなければ、ネット系の副業を検討してみてはどうでしょうか。

本サイト人気記事TOP5

人気No.1 majimenafukugyo.hatenablog.com

人気No.2 majimenafukugyo.hatenablog.com

人気No.3 majimenafukugyo.hatenablog.com

人気No.4 majimenafukugyo.hatenablog.com

人気No.5 majimenafukugyo.hatenablog.com

スポンサーリンク